三国志真戦 実践 徹底攻略

サーバー83以降の方へ現環境最強の編成を紹介します

三国志真戦 PKシーズン 魏呉蜀 陣営別対人に強いおすすめ編成 軍争地利まで

陣営別の最強編成を発表してきます。

蜀ならこの編成!呉ならこの編成!魏ならこの編成!3つ揃えれば最強となれますので是非参考にして下さい。

 

尚今回の最強編成はPKシーズンに入ってからの戦法や武将を必要とするためそれ以前のシーズンの方は別途記事を参考に編成を組んで下さい。

それでは本題に参ります。

目次

 

シーズンPK蜀陣営対人戦おすすめ編成

麒麟

f:id:zoomzoosan:20220922001916j:image

解説

高火力と高耐久で連戦に強い編成です。シーズン4から登場しましたが依然蜀陣営の中ではエース級の強さです。シーズンPKで武将と戦法の多くが一斉解禁され草船借箭を継承する事が可能になりより連戦能力が強化されています。

苦手編成が比較的少なく困った時には万能に戦う事が可能なため一家に一台?欲しい編成です。

麒麟弓の戦法について

戦法については上記写真の構成が1番継戦能力が高いですが、藤甲兵との戦闘まで考えると姜維の杯中蛇影を火熾原燎へ変更するなんて構成も有効となります。

 

麒麟弓の得意な編成

アクティブ戦法の多い編成

制御効果を持たない知力編成

槍部隊全般

解説

殆どの場合槍編成相手には有利に戦えるケースが多いでしょう。また高耐久+諸葛亮でアクティブ戦法に対してカウンターが可能なため、アクティブ戦法の多い編成は得意としています。中でも武力編成に対しては一方的に殲滅する事も可能なため戦績を見ながら狙い撃ちにしましょう!

麒麟弓の苦手な編成

太史慈+射石飲羽

呂布三勢陣や呉騎馬編成等の高武力+突撃戦法多めの部隊

解説

アクティブ戦法が多い編成には強い一方突撃戦法での高火力武力編成を苦手とする面もあります。特に太史慈+射石飲羽は天敵です。火力が龐統に多く依存する事もありピンポイントで制御が入り続けると厳しい戦いになります。また耐久が高いとは言え突撃戦法での速攻も苦手です。呂布三勢陣や奸雄騎等の虎豹騎編成には注意しましょう。

 

シーズンPK魏陣営対人戦おすすめ編成

奸雄騎

f:id:zoomzoosan:20220924004010j:image

解説

曹操の硬さと夏侯淵張遼の一点突破で多く部隊を切っては投げする編成です。一点突破故に戦功や経験値を多く稼ぐ事は出来ませんが戦争時には、多くの部隊を効率よく重症状態にする事が可能なため相手にとっては戦いにくい編成と言えます、魏の編成としてはPKシーズンナンバー1の突破力を誇る編成となっています。

 

奸雄騎の戦法について

上記の戦法がテンプレとなります。基本的にこの組み合わせが理想となります。

特に重要な戦法は鉄騎駆馳です。主将の曹操は硬い武将ですが張遼はダメージを比較的多く受ける武将です。更に夏侯淵は元から柔らかい上に裸衣血戦で大きなダメージを受けやすく被害が大きくなるため先行を取る事が非常に重要です。

 

奸雄騎の得意な編成

盾兵全般(藤甲兵を除く)

主将の統率が低い編成

回復戦法の無い編成

解説

基本的にお互いノーガードで打ち合う場合は主将一点突破が可能なため負ける事は非常に少なくなります。張遼の剣鋒破砕が主将に発動した場合非常に有利に戦えますので、槍兵種にさえ気をつければあっさり敗北というケースは少なくなります。下記のケースを除き・・・。

奸雄騎の苦手な編成

槍兵種全般

主将が高耐久+回復戦法が多い編成

意気衝天持ち

解説

高火力で短期主将狙い打ち型の編成のためダメージが通りにくい槍兵種は全般的に苦手とします。また主将が高耐久かつ回復戦法が多い編成の場合我慢負けするケースが多くなります。

そして最大の弱点が意気衝天突撃戦法が生命線かつ洞察や弱体解除が無いためほぼ何も出来ないまま敗北するケースが多いです。

圧倒的な突破力を持ちながら苦手がはっきりとしているため相手を選びながら連戦で活躍させる事が必要となります。

 

シーズンPK呉陣営対人戦おすすめ編成

陸遜槍(ヤリクソン)

f:id:zoomzoosan:20220924233618j:image

解説

シーズンPK呉のナンバー1編成は陸遜槍です。陸遜の火力を魯粛でサポートしつつ程普魯粛で回復&サポートを行う編成です。全編成の中でもトップの耐久力で連戦に強く特別苦手とする編成も少ないため麒麟弓と並ぶ万能編成です。

今シーズンから登場の草船借箭を継承する事により制御状態までも解除する事が可能となり更に強化された編成です。

 

陸遜槍の戦法について

陸遜の火力を最大限に高めるため太平道法+刮目相待が理想となります、刮目相待は火力が上がるまでの被ダメージを抑えるという点でも非常に優秀なため重要な戦法となっています。

代替戦法としては兵無常勢です、こちらも兵法書奇正強柔を取得した場合安定したダメージと回復を行えるため十分選択の余地はあります。

魯粛は固有戦法で属性値が下がってしまうため基本的には属性値に左右されずサポート可能な戦法を継承させましょう、まず一つ目は火力が主将の陸遜に偏るため鋒矢陣です火力と副将の耐久度を上げる事が可能です。二つ目の戦法は暫避其鋒を継承させダメージを最小限に抑える選択をするのが無難です。攻撃が最大の防御と考える方は白耳兵を継承する事も可能です。こちらの選択をする場合引き分けがよくも悪く減ります。しかし火力が最大限になる前の段階で陸遜の兵力が削がれては本末転倒になるため、陸遜のランクアップが3以下の場合はおすすめ出来ません。

最後に程普の継承戦法ですが、こちらは回復戦法メインでOKです。草船借箭でダメージの抑制と弱体化の解除+慰撫軍民で回復+序盤のダメージ抑制が編成コンセプトとは最もマッチをします。同じ役割として草船借箭を削骨療毒と入れ替える事も可能ですが、私の経験上発動率を考えた場合草船借箭の方が安定感が高くなります。

 

陸遜槍の得意な編成

兵刃ダメージ騎馬部隊

藤甲兵

武力編成全般

解説

現環境では騎馬部隊相手には有利に戦えるケースが多くなります。ダメージを最小限で受けられる且つ回復+陸遜の固有戦法でじわじわ燃やしましょう。藤甲兵にも有利に戦えるケースが多いと考えられます。藤甲兵自体に知力編成が多く与ダメージの差で問題なく退けられるはずです。

陸遜槍の苦手な編成

麒麟

魏法騎

肉弓

孫太魯

解説

苦手とする部隊は本当に限られます。まず一つは麒麟弓です。アクティブ戦法が諸葛亮に阻止された場合火力が一極化しているだけに厳しい戦いとなります、また弱体状態解除の草船借箭もアクティブ戦法のため対麒麟弓では苦戦する要素が多くあります。

魏法騎も苦手な部隊の一つです。回復阻害+混乱が強力で相手のペースにハマると混乱で火力のダウン+頼みの綱の回復も阻害される事となるため、兵種相性が良いにも関わらず意外な事に苦戦するケースが増えます。

肉弓や孫太魯も兵種相性の悪さ+太史慈の射石飲羽での砕心状態付与により勝率は5分以下となるケースが多いです。

しかしながら万能性は高く兵損を抑えながら高い戦果を出せる編成ですので陸遜が多くランクアップしている方は最優先の編成となるでしょう。

 

 

 

 

 

 

三国志真戦 PKシーズン強い編成紹介 馬超・関銀屏・黄月英 蜀虎瞋槍編成

虎瞋槍(コシンヤリ)

関銀屏の虎瞋効果を最大限に活かす編成となっています。最速で関銀屏を動かし相手全体に虎瞋効果を付与し、更に関銀屏自体に多段攻撃又は全体攻撃を持たせ次の武将にスイッチします。そして裸衣血戦を付与した馬超の全体攻撃+全体攻撃の戦法で反撃の隙を与えず少ないターンで相手を殲滅するという編成です。

相手より先に動く事が重要な編成のため副将には黄月英をチョイス、火力の後押しも合わせて行う事が可能なため、武将と戦法の組み合わせが非常にバランスの良い編成となっています。

ただでさえ火力の高い編成にプラス恐慌効果まで付与可能なため、シーズンPKで蜀の槍編成としては現環境No.1と言っても過言でない編成です。

蜀虎瞋槍

f:id:zoomzoosan:20220917233927j:image

 

目次

 

継承させる戦法について

馬超

①裸衣血戦

連撃効果を付与+統率のダウンが可能になる戦法です。自身の統率まで下がってしまいますが編成の特性上、短期決戦で相手を仕留めないと部が悪くなる編成ですのでデメリットの部分はそこまで心配は必要有りません。

この戦法が無いと火力ダウン+虎瞋効果が発動しにくく部隊強度が大幅に低下するため必須の戦法となります。

一騎当千or百鬼ゴウエイ

裸衣血戦の連撃を最大限に引き出すため突撃戦法且つ複数の武将へのダメージを与える戦法が理想となります。1番適した戦法は発動率が高く全体へダメージを与える事が可能な一騎当千です。代替戦法としては高火力+主将への多段ダメージが期待出来る百鬼ゴウエイとなります。

関銀屏

①据水断橋

発動率が高く敵軍の複数の武将にダメージを与える事が出来る新戦法です。

効果としては敵軍2〜3武将に対し潰走効果を付与する、更に相手の与ダメージ8%低下させ自身に16%の離反効果を付与します。

ダメージ自体も大きな数値が出る戦法であるため非常に重要な戦法です。

f:id:zoomzoosan:20220920134603j:image

一騎当千or千軍一掃or勇壮飛燕

全体へ高確率に発動する戦法で虎瞋効果を高確率で発動させましょう。関銀屏の固有戦法が発動しなかった場合にも高ダメージを与えられる千軍一掃か一騎当千がおすすめです。この2つの戦法が無い場合は手数の多い勇壮飛燕を継承しましょう。関銀屏の他戦法では勇猛果断が採用される場合もありますが、この編成では短いターンで一気に殲滅する必要があるため強度が大幅に下がってしまいます。

黄月英

①意気衝天or横戈ヤクバ

出来る限りダメージを受けずに高火力を叩き込みましょう。意気衝天+千軍一掃が1番安定します。その他知力ダメージを抑えつつ高火力を出せる横戈ヤクバも優秀なチョイスです。

②大戟士or青州

火力+手数を増やすために兵種戦法を選びましょう。兵刃ダメージが出る大戟士か取得難易度が高いですが、青州兵も優秀です。

⚠︎白耳兵を無理して選ぶ位なら八門金鎖等を選んだ方が結果的には強い印象です。

 

 

ステータス振りに関して

馬超

八門金鎖で先行こうかが付いているため基本的には武力を伸ばす方向性で問題ないと思います。相手も先行効果が付いている場合に後手を踏まないよう2割程は速度に振っても良いと思います。

関銀屏

速度に多くを振りとにかく虎瞋効果をばら撒きましょう。先手を取る事により虎瞋効果を自身単独で失効させる事も可能ですので、まずは速度です。速度に余裕が出たら武力にも振り分ける事により殲滅力が上昇します、周りの環境見ながら先手を多く取れるようになったら検討しましょう。

黄月英

基本的に長く生存して欲しい武将になるため基本的には統率と知力にステータスを振りましょう。生存さえしてくれればあとは役に立ってくれます。

 

虎瞋槍の得意な編成

制御効果の少ない編成

速度の遅い知力編成

低耐久騎馬編成

解説

基本的に制御効果の無い相手には関銀屏の固有戦法発動すると有利に戦える事が多くなります。知力編成で高耐久を誇る大尉盾等を回復の隙を与えず殲滅しましょう。また低耐久の騎馬編成相手にも速度負けさえしなければ火力で押し切れるだけの強度は十分あります。

虎瞋恚の苦手な編成

高耐久弓編成

制御効果の多い編成

低耐久だが速度の速い武力編成

解説

高耐久の弓兵相手には苦戦するケースが多いでしょう。ターンが進めば進むほどジリ貧になります。特に麒麟弓等は避ける必要ごあります。

また、速度で先手を取られ制御効果を付けられると火力的にかなり厳しい状態になります。

特に太史慈入りの編成を相手にする場合は速度の優劣を気にしながら戦闘しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三国志真戦 PKシーズン強い編成解説 虎臣弓

虎臣弓

甘寧の火力を最大限に活かしつつ周泰でダメージの制御と火力の後押しを、太史慈のサポートでサブ火力UP+制御効果を与える編成です。

PKシーズン以降の強編成である陸遜麒麟に強いという事で非常に重宝される編成です

相手より先に多くのダメージを与え押し切る編成で、最大火力が出た際の爽快感は何度も戦闘を再生したくなる、そんな編成となります。

目次

 

f:id:zoomzoosan:20220916011905j:image

編成例と戦法

甘寧の戦法

周泰が副将となっているので火力がUPされています。コンセプトとしては甘寧で最大火力を叩き出す事が重要なため、発動確率が高く会心を多く叩き込める戦法を選びましょう。

①破軍威勝  

新武将の満寵or王双から継承出来る戦法です。相手の統率を下げて単体の敵部隊に228%の兵刃ダメージを与えます。防御ダウン+甘寧の高火力兵刃ダメージが凄まじく部隊コンセプトともマッチするためまず選びたい戦法です。

f:id:zoomzoosan:20220916151002j:image

②千軍一掃

発動確率が高く多数の相手への攻撃が可能な戦法をチョイスしましょう。理想は千軍一掃です。他の部隊との兼ね合いでチョイス出来ない方は勇壮飛燕や剣衆需撃など複数の相手に攻撃出来且つ発動確率の高いものを選んで下さい。

 

太史慈の戦法

①射石飲羽

アクティブ戦法を牽制しつつ統率ダウンをばら撒き甘寧で殲滅します。対陸遜槍等回復戦法を牽制する役回りになるため非常に重要な戦法です。戦法ランクもA且つ他の部隊での使用頻度は低い戦法ですので選びやすいのも◎

②折衝or剣鋒破砕

甘寧のダメージを保護する=甘寧の火力がUPしますのでファーストチョイスは折衝です。

戦法が他部隊と被っている方はアクティブ戦法+パッシブ戦法と指揮戦法まで封じられるよう剣鋒破砕がセカンドチョイスとなります。

その他兵無常勢でも良いですが全体的にダメージを受けやすく連戦が厳しくなりますので可能な限り上記2戦法を優先的に継承しましょう。

 

周泰の戦法

①意気衝天or八門金鎖

相手の攻撃をなるべく制限する事により兵損少なく大ダメージを与える事が可能になります、またダメージを最小限に抑える事で自ずと連戦にも強い編成となるので重要な要素です。

甘寧に千軍一掃を継承させた場合は意気衝天を優先的に継承しましょう。甘寧に千軍一掃を継承しない場合には八門金鎖がおすすめ、ダメージをカットしつつ甘寧の先行効果で相手の兵力=与ダメージを減らしましょう。

②錦帆軍or白馬ギジュウ

周泰は基本的にサポーターなので兵種戦法を優先的に継承しましょう。

八門金鎖を継承した場合は火力の後押しが可能な綿帆軍を継承、その他の場合には先攻を取る事とアクティブ戦法の発動率を高める事が可能な白馬ギジュウを選択しましょう。総合的な火力は綿帆軍の方が上ですが、短時間で多くのダメージを与えるというコンセプトには白馬ギジュウの方がマッチします。他武将の戦法との兼ね合いでチョイスが変わると思います。

・白馬ギジュウを選ぶ際の基準

甘寧のアクティブ戦法が十分火力を期待できる構成となっている場合。

八門金鎖を継承しておらず先攻好感が欲しい場合。

・錦帆軍を選ぶ際の基準

甘寧のアクティブ戦法に高火力の戦法を継承できていない場合の補助火力。

八門金鎖や兵法書にて先攻効果を取得した場合。

 

ステータス振りに関して

甘寧

折衝によりダメージから守られるケースが多くなるため多くの数値を武力に振りましょう。相手も先攻状態であった場合には速にステータスを振ることにより有利になります、武将が3以上ランクUPしている場合には火力を十分確保出来たら速にステータスを振り分ける事も検討下さい。

 

太史慈

太史慈はダメージで保護と制御主体のため相手より先攻してこそ価値が出る構成となっていますので速一択+余裕がある場合には統率や武力知力に振り分けましょう。比率は速度8割その他2割位の感覚が理想です。

 

周泰

周泰甘寧の与ダメージUP+被ダメージカットの役割を持ちます。周泰がいち早く離脱しないようメインは統率へのステータス振りになります。弱点を補うために知力に振りたくなる所ですが伸び率が悪いためそこまで多くのダメージカットが出来ません。そのため統率一辺倒にステータス振り

 

得意編成と苦手編成

虎臣弓の得意な編成

槍兵全般
攻撃戦法がアクティブ戦法主体の編成

・上記が主に有利に戦闘を進められる編成です。槍兵全般に対しては火力の面で押し切れるケースが多く一部天下槍を除いて苦戦するケースは少ないでしょう。強編成である陸遜槍に対しても、射石飲羽で統率のダウン+回復戦法の阻害が可能なため経験上五分以上の戦いが出来るケースが多いと思います。

また攻撃戦法の多くがアクティブ戦法に依存している麒麟弓等にも制御+統率ダウンで有利に戦闘を行えます。PKシーズンの強編成2部隊と対等以上に戦えるというだけでも、採用価値の高い編成と言えます。

 

虎臣弓の苦手な編成

高耐久盾兵
突撃戦法主体の編成
賈詡等の混乱付与戦法持ち

・回復戦法を持たないため桃園盾を代表とする高耐久の盾編成を苦手とします。

 

また戦法に折衝がない場合には司馬懿盾や大尉盾等の藤甲兵+指揮戦法主体の編成も苦手とします、そもそも盾兵種自体が高耐久編成が多いため盾兵種全般と相性が悪い点は否めません。

アクティブ戦法の制御は可能ですが突撃戦法を制御できないため、呂布三勢陣を代表とする突撃戦法主体の編成も苦手とする部分があります。

 

そして高火力の故に苦手とするのが混乱を付与してくる部隊も苦手とします、特に賈詡三勢陣との戦闘では、混乱付与で同士討ち+必中が無く回避され+知力ダメージで兵を多く削られる等非常に相性が悪いため象兵には要注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

三国志真戦シーズンPK 強い編成の解説 大尉盾編 

大尉盾編成時のコツと解説

 

目次

 

 

 

大尉盾とは

シーズンPKより登場する強編成の一つ。

f:id:zoomzoosan:20220911010927j:image

編成の特徴としては高耐久の曹操にダメージを集め火力を主将の司馬懿に集中させ相手を殲滅します。類似編成で司馬懿盾がありシーズン2以降人気編成でしたが、天敵の剣鋒破砕の登場で弱体化しました。この編成では多くの戦法がパッシブ若しくは指揮戦法がメインとなっており、阻害されにくく安定したダメージを与えられる事がメリットなのですが、剣鋒破砕の影響で司馬懿の火力が完全に無効化される可能性があり無効化された時には一方的に負けてしまう事が多くなってしまったため衰退していったという経緯があります。

その弱点を大きく克服した編成が大尉盾なのです。シーズンPKより登場の満寵の固有戦法が非常に大きな働きをします。

満寵の固有戦法

①毎ターン50%の確率で自分以外の副将(曹操)を援護状態+休養状態にする(回復率196%)

②援護状態の副将がダメージを受けると55%の確率で相手武将の強化状態を解除する

f:id:zoomzoosan:20220911230253j:image

 

この固有戦法のメリットは2つです。

一つはただでさえ堅い曹操に回復を持たせた上で攻撃を集中させる事が可能=部隊全体の強度が大幅に向上し連戦に強い部隊となること。

二つ目のメリットは司馬懿を偽報状態から高確率で守る事が可能となりシーズン2同様安定してダメージを与えやすくなる事。

イメージとしては従来から耐久度が高かった司馬懿がより堅くそして安定したダメージを出せるようになっています。

有利兵種である馬部隊以外の兵刃ダメージ編成相手には絶大な強さと安定感を誇っているのをお分かり頂けましたでしょうか?

 

継承させる戦法について

司馬懿

①神算鬼謀

司馬懿については自身の継承戦法である神算鬼謀を継承しましょう。固有戦法との補完性が高くこの戦法があるのと無いのでは大きく戦果が変わります。

②刮目相待

自身がダメージを与えられターンまで出来る限り兵力を温存させるのが重要になるため刮目相待を継承しましょう。

司馬懿に関しては全ての戦法が補完性高くこの2つは間違いなく固定となります。この2つはの戦法を組めない場合は編成を諦めても良い!と言っても過言でありません。

 

曹操

①鋒矢陣

火力が司馬懿頼みになる点+司馬懿の戦法の関係で序盤は火力が小さくなるため鋒矢陣での補完が必須となります。

②魅惑or慰撫軍民

浅いターンでの火力がどうしても出にくい編成のためダメージを低減する戦法又は相手に制御効果を与える戦法が理想です。満寵の固有戦法の効果で曹操に攻撃が集まるため魅惑がファーストチョイスになります。相手の編成によっては慰撫軍民の方が効果有りの場合も多々あります。他の編成と相談でどちらかをチョイスしましょう!

 

満寵

①削骨療毒or草船借箭

回復+制御状態を解除出来る優秀な戦法です。司馬懿が制御を受けると火力が大幅に低減しますので優先度は高くなります。その他同じ効果を持つ戦法である草船借箭も複数の武将の制御効果を解除可能なため削骨を他の編成で使用する場合はセカンドチョイスとして有効的です。

②暫避其鋒or藤甲兵

ダメージを抑制する戦法を選択しましょう。曹操で制御効果を付与する戦法(魅惑)を選んだ場合は暫避其鋒。慰撫軍民を選んだ場合は藤甲兵と曹操の戦法に合わせチョイスする事でバランスが取れ連戦に強くなります。

 

ステータス振りに関して

司馬懿

火力が司馬懿頼みのため多少の兵損を気にせず知力に全振りで構いません。

曹操

兵刃+知力ダメージを意識し知力に7割を割り振り残りの3割を統率にというイメージが1番編成強度高くなります。(知力振りの方が戦法によっては回復量が多くなるため)

満寵

重要な要素は速度を1番になるよう調節する事です。削骨や草船で味方の制御効果を消失させる事が最重要となりますのでステ振りは速度が優先。他の武将より早くなってからは知力8割統率2割程のバランスで割り振りするのが経験上良いと思います。

 

戦闘を有利に進められる編成

制御効果が少ない編成

剣鋒破砕無しの部隊全般

兵刃ダメージ主体の編成全般

 

避けるべき編成

剣鋒破砕持ちの奸雄騎

剣鋒破砕持ちの陸遜

(藤甲兵選択時は確実に負けます)

太史慈+剣鋒破砕

混乱付与部隊(魏法騎・賈詡三勢陣等)

 

 

 

 

 

 

 

三国志真戦シーズンPK(5〜7) テンプレ以外の強い編成 新しいテンプレ編成

三国志真戦のシステムが大きく変わりシーズン5以降は全ての事件戦法と武将が一斉に解禁になりました。

シーズンや仕様は選択するシナリオによってバラバラですが皆様色々な編成を試している事がでしょう!

今回は戦場で見かけた、まだテンプレとしては認知されていない編成を紹介していこうと思います。

テンプレが組めないから勝てない。

そんな風に感じている方は是非編成の参考にしてみて下さい。もしかしたら貴方が戦場でエースとなる可能性も有ります。

目次

テンプレ外の強い編成その①

法正三勢陣 

f:id:zoomzoosan:20220906225051j:image

解説

(相手側の編成となります)

法正+張角というテンプレは多いものの法正+孫堅というのは正直初めて見ました。

法正三勢陣の対戦相手の編成はれっきとしたテンプレ編成の肉弓強編成です。

兵種相性が良いとはいえ殆どダメージを受けずに限りなく勝ちに等しい引き分けとなっています。法正+満寵で回復+制御を解除しながら孫堅の反撃で多くの相手にダメージを与えていく編成です。

パッと見そんなにダメージが出るの?という感じですが絶地反撃と気凌三軍で思ったよりもダメージが出るみたいです。

満寵折角出たのに曹操司馬懿が居ないという貴方!法正と孫堅は持っていますよね?是非お試し下さい。

 

テンプレ外の強い編成②

文醜三勢陣

f:id:zoomzoosan:20220907174118j:image

解説

この編成を考えた人は実生活でもかなり無駄の少ない生活をしている人なんでしょう!笑

固有戦法が貴重な突撃戦法の顔良の火力を最大限に引き出す編成となっています。

顔良の突撃戦法でダメージ+制御を与えつつ太史慈で相手の統率をダウンさせる。

そして曹純で火力の底上げをした押し切るという編成となっています。

通常状態では顔良自体の火力はそこまで大きく無いですが、火力の底上げさえ出来れば、固有戦法で恐慌状態を付与出来るので安定した戦果が出せそうです、意気衝天にさえ気をつければ皆様が思っている以上の戦果が出せる編成となっているようです。

対戦している相手はテンプレの蜀騎馬編成です。一気に主将を抜く程の火力が有ったのには非常に驚きました。太史慈以外はそこまで使用機会の多くない武将達となっていますので是非お試ししてみて下さい。

 

テンプレ外の強い編成③

呉燃焼弓

f:id:zoomzoosan:20220909013124j:image

解説

ありそうで中々見かけない編成です。回復戦法の充実で周瑜の固有戦法が生きるようになったため可能になった編成です。

八門で周瑜を先行状態にして相手の能力ダウン&自身の強化を行います。また今シーズンからは、草船借箭で回復と状態異常の解除を行えるようになっています。陸抗は固有も含めて火力の後押しとダメージダウンとサポーター役になります。

そして陸遜によりダメージの後押しと制御効果の付与とバランスの取れた編成となっています。陸遜を使う機会が無い方は藤甲兵に対する最有力候補として是非編成の参考にして下さい。

陸抗の整装雌伏→削骨療毒◎

戦法が余っている場合は上記に変更する事でより多くの編成に対して対応が可能となります。

 

以上が現時点でのテンプレ外の強い編成です。

今後発見し次第更新致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三国志真戦 いらない武将一覧ランキング形式 優先的に消費する武将

三国志真戦皆様楽しんでいますか?

最近強い編成ランキングや使える武将ランキング、強い事件戦法ランキングなどを掲載して来ましたが、ふと気付きました。

いらない武将ランキングも必要なのではないか?という事に。

いらない武将を把握し、効率良く覚醒や秘蔵パックを引く事でライバルと差をつける事が出来る。今回はランキング上位に行く程いらない、ランキング下位に行く程多少は使えると言った感じです。

⚠︎尚内政武将は考え方によっては全て外れ扱いとなってしまうため除外します。

 

目次

 

 

そもそも要らない基準とは?

①戦力にならない

上位のテンプレには含まれないその上自爆部隊やスタダ編成にも入って来ない武将。兵器適性も低いので本当に使い道が無い。

②戦力にならない上に重要な事件戦法用員でもないまたは事件戦法自体の重要度が低いそして継承戦法もあまり有用では無い。

 

ランキング1位:華雄

f:id:zoomzoosan:20220901160829j:image

解説

華雄の固有戦法は1ターンの準備ののち敵2人に兵刃ダメージ+自身の兵刃与ダメージUP+自身の被兵刃ダメージをdownさせるという内容です。一見すると非常に強そうですが自身がコスト5という事もあり使い道がありません。また自爆部隊やスタダ部隊としても使い道が無いのが痛いです。

事件戦法用員となり活躍出来る!?と思いましたが気凌三軍も殆ど使い道が無いのが現状。

更にマイナスポイントが継承戦法です。

誘敵侵入

f:id:zoomzoosan:20220901165231j:image

そこそこ使えそうな気もしますが使えないです。まず知力ダメージが出る武将は兵刃型の武将と比べ速度が遅いです。折角与兵刃ダメージUPがあってもあまり有効的に使えないのです。

プラスダメージも中途半端なため非常に採用しづらい仕様です。

等サイトでは使えない武将No.1は華雄とします!

 

ランキング2位:田豊

f:id:zoomzoosan:20220901181910j:image

解説

武将として優秀なテンプレが1つもありません。また、混乱2ターン+速度ダウン+味方に防御効果を与えるという固有戦法ですが賈詡の下位互換といったイメージになってしまいます。また群勢力自体がサポーターやアタッカーとして優秀な武将が流出しやすいという特徴があるため強い編成が組みにくくなってしまいます。華雄より優れている点は兵器適性がAである事です。余った武将で兵器部隊として編成出来る点でまだ華雄よりは使い道があるでしょう

 

現状事件戦法用員の武将ではありません、ただし継承戦法の兵無常勢は優秀な戦法ですので1枚出たら即戦法へ変換しましょう。

祝融からも継承可能ですが出来れば田豊からの継承の方が良いでしょう!

 

ランキング3位:龐徳

f:id:zoomzoosan:20220901202117j:image

解説

龐徳は無料配布される武将なので可哀想な所もありますが実際これといったテンプレが無いのが現状です。魏の貴重な弓適性がSの武将なので固有戦法が優れていれば使い道があったのですが。

シーズン7現在龐徳を必要とする事件戦法は無いのが現状です。しかし継承戦法の暫避其鋒は多くのテンプレ部隊で採用される重要戦法のため無料で貰ったタイミングで優先的に継承しましょう!

 

ランキング4位:文醜

f:id:zoomzoosan:20220901202730j:image

解説

この武将もテンプレ編成が無い武将です。

固有戦法は、即時発動で敵単体に兵刃ダメージを与え更に封印状態にします。残念な事はその後、自身の統率が下がり回復無効状態になってしまう事です。せめて回復無効がなければ三勢陣の主将として生きていけたかもしれないのに残念です。

相棒!?の顔良と違い現在事件戦法用員として交換出来る戦法は有りません。

しかし継承戦法の破陣砕堅は兵刃ダメージのアクティブ戦法としては非常に優秀な戦法のため上位3武将と比べると1枚目としての外れ感は低いです。

 

ランキング5位:李儒

f:id:zoomzoosan:20220901205100j:image

固有戦法は発動ターンに相手の武力を下げて

次のターンにダメージを与える、更に相手の統率をダウンさせるという内容です。使えそうな内容ですが絶望的にまで統率が低くどうして兵損が多くなってしまう事から部隊に組み込みづらくなってしまっています。結果的には他の統率が高い武将の方が良かったなんて事になりやすい武将です。

李儒は現状事件戦法の交換に必要な武将ではありません。継承戦法の四面楚歌は2武将に対し大きな計略ダメージを与えられため優秀な戦法です、李儒以降の武将は全く使えないという事は無いですが手持ちの武将が増えてくるにつれ編成に組み込む事が少なくなりますのである程度手持ちの武将が増えたら戦法に変換しましょう。

 

ランキング6位:徐庶

f:id:zoomzoosan:20220901213518j:image

解説

個人的に非常に好きな武将なのでこのランキングで紹介するのが心苦しいですが仕方無いですね。固有戦法の知者不惑は使えそうで使えないです。燃焼状態・潰走状態・中毒状態のうちランダムに付与します。ランダムでなければ他の武将と合わせやすかったのですがね。

テンプレとしては西蜀の智で龐統の代わりに入れる事を推奨しているサイトが有りますが正直テンプレというレベルの強度は無いため残念ながら中々有効な編成が組みにくい武将となっています。

徐庶もまた事件戦法の交換用員の武将では無いです。継承戦法は暫避其鋒どこかで聞きましたよね?そう4位の龐徳と被っています。優秀な戦法ですが無料配布の龐徳から取得可能という点でも何か残念です。

 

ランキング7位:張氏

f:id:zoomzoosan:20220901231407j:image

解説

①ランキング7位は張氏です、コスト4と低くスタダ時やシーズン開始直後に使えるか?と思いきやそんなに出番が無い武将です。使い道があるとすれば、シーズン序盤での攻撃役としての補助武将でしょう。蜀の槍兵でスタダを行う場合は低コストで適正Sの武将が少ない分需要があるかも知れません。

②事件戦法用員では勿論無いです。継承戦法は勇猛果断、自身に防御効果を付与し次回アクティブ戦法のダメージを上げる戦法です。関羽楽進と相性が良く編成によっては有用な戦法ではないでしょうか。

シーズン2限定武将という事もありあまりお目にかかる機会も少ないある意味レアな武将です。

 

ランキング8位:陳宮

f:id:zoomzoosan:20220901232535j:image

解説

①ランキング8位は陳宮です。コストが4のため

スタダで使いたい所ですが4というのは実は中途半端です。シーズン4からはスタダ時のコストが15に増えますが、スタダ時に優秀な武将の多くがコスト7の武将である事から、7+5+3若しくは6+6+3という形が安定する上に、後々の正規編成を考えた際にスタダ=育成期間という観点から7+4+4ではスタダだけに使う武将が2武将となってしまう事から非常に効率が落ちます。コスト4武将は仮に使うとしてもサポート役としての割合を期待したい所ですが、陳宮は固有戦法がアタッカー寄りというのが更に使いづらくなる要因となってしまっています。

戦法の性能的には悪くは無いのですが中々出番は無さそうです。

陳宮もまた事件戦法用員ではありません。

継承戦法は智計です。相手2武将の知力を低下させるという性能で知力部隊に取っては混迷乱擾と並び重要な戦法です。獲得したらまず継承する事を選択しましょう。

 

ランキング9位: 張郃馬騰・公孫讃を除く兵種戦法継承元武将

画像は複数のため省きます。

解説

①錦帆軍の甘寧や虎衛軍の典韋等事件戦法を経由した武将は優秀な効果を得るのですが、現状兵種戦法の継承元武将は友好的な使い方が無いというのが現状です、追加効果があまり有用では無いのが原因ですね。

事件戦法用員の武将である、公孫讃と馬騰は三勢陣という優秀な事件戦法の要因ですのでシーズン3までキープしましょう。また張郃もシーズン5以降事件戦法があるため確保が必要です。その他上記武将は事件戦法用員で無いため戦法継承後は使い道に困るケースが多いでしょう。使い道としては単独武将での相手の牽制がメインになるかも知れません。

 

ランキング10位: 黄蓋

f:id:zoomzoosan:20220902002806j:image

解説

①土地部隊の守備兵としては非常に強力な武将ですが意外とプレイヤーの編成には組み込まれない武将です。理由は自身にダメージが入るためどうしても兵損が大きくなってしまう事、そして呉にはその他に優秀な知力型の燃焼持ち武将が多いため武力寄りの黄蓋は使いにくいというのが現状です。しかし上位武将と比べて全く使い道が無いという事は無いため手持ち武将が増えるまでは編成なら組み込む機会もあるかも知れません。

黄蓋もまた事件戦法用員ではありません、継承戦法の風助火勢はテンプレである東呉大都督で必要になるため、陸遜周瑜が手元にある場合は優先的に戦法に変換するのをおすすめします。

 

以上が戦法継承の価値が低い武将とテンプレに含まれ無い武将のランキングになります。この中から優先的に覚醒素材に使い無駄なく部隊を強くしましょう。

www.sinsen.zoomzooblog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三国志真戦 重要武将まとめ その武将将来的には重要度増します

三国志真戦も多くの人がプレイに慣れて来て各々のサーバーで楽しんでいると思います。

このゲームの良さは常にスタートが同じ状態で始められ慣れ以外の部分では差が付かずゲームを進めて行ける天だと思います。

今回は先行サーバーの経験を活かし戦法や戦闘の面から重要な場所を発表していきます。

シーズン序盤では価値の低い武将でもシーズンが進むにつれ重要度が増す武将を発表しますので是非参考にして下さい。

⚠︎登場したタイミングから優秀な武将は除外しています。

 

目次

 

 

 

シーズンが進むにつれて戦闘面で強力になる武将

 

孫尚香

f:id:zoomzoosan:20220828234030j:image

活躍出来るシーズンと解説

シーズン2から登場する女性武将では唯一の女性武将です。初登場のシーズン2では弱くは無いのですが戦法の問題で活躍の場は限られます。しかしシーズン3になると、多段攻撃に相性の良い錦帆軍の登場で破壊力が上昇し一気にアタッカーとして価値が上昇します。孫尚香の力を最大限に引き出す事が出来るのはシーズン4から、裸衣血戦の登場で最高峰のアタッカーへと生まれ変わります。シーズン2をプレイ中の方ハズレと思い継承戦法にしたり覚醒素材にしたりせず大事に取っておいて下さい。

 

夏侯淵

f:id:zoomzoosan:20220829002428j:image

活躍出来るシーズンと解説

シーズン1から登場する魏のアタッカーです。固有戦法突撃戦法という非常に珍しい武将です。そこそこ優秀ですが撃たれて弱さからシーズン1・2での活躍は限定的です。

本格的な活躍はシーズン3から三勢陣の登場により呂布の相方としての活躍が可能になります。またシーズン4以降のスタダ時ではスタダ最強編成の一角として貴重な戦力になります。

継承戦法の万矢斉射も優秀ですが、シーズン進むにつれてピックアップ率は下がります。一枚しか夏侯淵が居ない方はとりあえずキープするのが良いでしょう。

 

貂蟬

f:id:zoomzoosan:20220829003553j:image

活躍出来るシーズンと解説

シーズン1から登場しますがシーズン序盤の方は本当に強いの?と思いますよね!

シーズンPK(シーズン5以降)から登場する武鋒陣という戦法により非常に重要な武将となります。貂蟬に攻撃を集中させてダメージを相手に肩代わりさせつつ、制御効果を付与する。そして味方に回復してもらうとい非常に強力な群勢力の編成を組む事が可能です。その際副将に呂玲騎と華佗が必要になるため合わせてその二武将もストックしておきましょう。

継承戦法の傾国傾城は使う機会殆ど無いため戦法への変換は基本NGです!

 

馬超

f:id:zoomzoosan:20220829004642j:image

活躍出来るシーズンと解説

非常に人気の高い武将ですがシーズン3まではこれという活躍が難しくテンプレも存在しない武将です。継承戦法の万夫不当が優秀なため戦法にしたくなる武将トップ候補です。笑

しかしながらシーズン4で裸衣血戦を取得以降固有戦法との相性の良さで活躍の場が増えます。シーズン4ではスタダ時の優秀な自爆部隊として重宝されます。そして最大限に力が発揮されるのがシーズン5から。

関銀屏馬超+裸衣血戦の編成で非常に優秀な部隊を組む事が可能となります、馬超が好きだけど使い道無いから泣く泣く継承戦法にしようとしている貴方、シーズン5まで待つ価値は十分にありますよ!!

 

 

戦闘では活躍する機会が少ないが優秀な事件戦法になる武将

 

以前事件戦法の重要武将をまとめた記事を投稿しています。詳しくはそちらを参考にして下さい。当記事では特に重要な戦法の武将をピックアップします。

 

 

許褚

裸衣血戦

f:id:zoomzoosan:20220829010752j:image

上記を読んで頂ければ分かると思いますが非常に多くの武将を強化する事が可能な事件戦法です。シーズンが進むにつれて継承戦法である万夫不当より重要な戦法になるため、許褚が1枚しかなく、馬超で将来的に編成を組みたい場合はとりあえずキープしておく事が重要です。

 

三勢陣

袁紹馬騰・公孫賛・孫堅

武将三国名の所属国が全て異なる場合効果が発動。主将の固有アクティブ戦法の発動率を高め且つ副将の与ダメージUP+副将の被ダメージダウンをする優秀な戦法です。この戦法がある事によりシーズン3以降は選択出来る編成の幅が増えるため確実に取得したい事件戦法です。

継承に必要な武将に曹操劉備が含まれますがこの二武将はよほどの事が無い限り選択しません。

おすすめは馬騰袁紹・公孫賛・孫堅

被りOKでこの中の武将から4名を引き換えにシーズン3スタートと同時に戦法を取得する事!

間違えても余りがない状態で覚醒の餌等にはしないように注意。

 

剣鋒破砕

顔良

f:id:zoomzoosan:20220829011635j:image

戦闘用員としては史実同様あまり使えない印象の武将ですが、顔良と引換に交換する事件戦法剣鋒破砕は非常に優秀です。シーズン3から登場する戦法で、唯一パッシブ戦法や指揮戦法の発動を阻害可能な戦法として非常に重宝します。戦闘で使い道無いからと安易に顔良を消費すると後悔しますので代わりに盟友の文醜を消費して下さい。笑

 

以上が戦闘面では微妙ですが事件戦法の交換要因として非常に重要な武将のまとめです。

戦闘用員の武将も含めてその時に良くても将来的に活かせるというのも三国志真戦の醍醐味だと思います。この記事を参考にして1人でも多くの方が無駄の無く部隊強度のアップが出来る事を願っています。是非同盟の方と共有しシーズンを制覇していって下さい。

ご精読ありがとうございます。ズム